UTAH JAZZ FAN

NBAのユタジャズファンによるジャズファンのための自己満ジャズブログ。 難しい事は知りません。 ただ試合を観て一喜一憂してるファンでいたいです。

コーチスナイダーに敬礼。

0703
いやあ、サマーリーグが始まりましたね。

残念ながら今年はリーグパスで追う事はしていないのですが。

初戦はグリズリーズ相手にボコボコにされた、渡邊雄太選手が敵ながら20点取ったというのが印象的でありました。

ジャズはブラッドリーが貫禄のダブルダブル、オニの+/-が-32って一体どうしたと言った所。


とりあえずサマーリーグは置いておくんだ。

サマリ見てる場合じゃねえんだ。



数試合経ってから各選手の評価などしてみたいと思います。

というわけでサマーリーグはひとまず置いておきましてですね。

それより新体制のジャズは如何なのかというのが気になる所。

まずはフェイバースを出してまで獲ったボヤン・ボグダノヴィッチに注目してみたいと思います。

ボヤンは1989年生まれの30歳。
203cm、102kgでポジション表記は基本的にSF。
2011年ドラフト31位でネッツに入団が決まるも他国でのプロリーグでプレイを継続。
NBAデビューは14-15シーズンからでオールルーキー2ndチームに選出。
その後、16-17シーズン途中にウィザーズへ移籍。
翌17-18シーズンからペイサーズで2年間スターターを務め、選手として円熟期を迎える。

昨シーズンは81試合スターターで出場。
1試合平均31.8分、18.0得点、4.1リバウンド、2.0アシスト、1.7ターンオーバー。
FG49.7%、3PT42.5%、FT80.7%と高いシュート確率を記録しました。


と、文字で経歴を書くとこんな感じになります。

ですが文字だけだとわけが分からないのでとりあえずプレイを見てみましょう。



なるほど、これは非常に面白いかも分かりません。

今の所イングルスが比較対象として一番しっくり来る気がします。
アグレッシブなイングルス、ポストプレイも織り込むイングルスと言った感じでしょうか?

無理に4番にPFチックな選手を置かないというジャズの新構想を感じます。

ただハイライトはハイライトであってディフェンスの地味な部分とか分からないですし、鵜呑みにしてはいけないのですが。

ひとまずジャズが今のリーグの流れに沿った補強をしたかったというのは分かりました。


そしてもう一人の新加入、エド・デイビス。

2010年ドラフト13位という事で3位のフェイバース、9位のヘイワードと同期です。
ラプターズ、グリズリーズ、レイカーズ、ブレイザーズ、ネッツと渡り歩きジャズで6チーム目。
控えのPFとして定番の選手と言う印象。



フェイバースと比較するのは酷ですが、ベンチからのPFとして期待が高まります。

というわけで新加入2選手の紹介でございました。


補強とその狙いの方向性は感じ取れましたが、不安なのは選手層ですね。

PG コンリー、エクサム
SG ミッチェル、ロイス
SF イングルス、ボヤン
PF デイビス、ニヤング
C ゴベール、ブラッドリー


現在の主力選手はこんな感じ。

ボヤンをSFとしましたが、スターターはコンリー、ミッチェル、イングルス、ボヤン、ゴベールでしょう。

しかしネトがウェイブとなってしまい一抹の不安あり。

コンリーが82試合健康でいられるかというのは疑問です。

そこで今年やらなきゃいつやるんだと責任重大になるのがエクサムでありましょう!

もうここでまた怪我するようならホント一体いつ恩返しするんだと言った感じ。

ここまでジャズに残して貰っているのは、もはやコーチスナイダーの恩情としか思えません!

新加入のボヤン、デイビスも楽しみですがとにかくエクサムに結果を残して頂きたいと思います。


【追記更新】
ここで緊急速報です!
サンダーなどで活躍したジェフ・グリーンと1年2.5milで契約という嬉しいニュースが飛び込んで参りました!
いやー、これはありがたい!
素晴らしいですね!


【追記更新その2】
なんてこった…エマニュエル・ムディエイまで獲得したというニュースが!!
こりゃあジャズ本気ですね!
いやあ言葉が出ません、素晴らしすぎます!!



というわけで新生ジャズについてまとめてみたわけですが。

まさかの嬉しい追加情報がザクザクで言葉になりません!

こりゃ参った、参りました。

次からはサマーリーグの情報も集めつつ書いて行けたらと思います。

何はともあれエクサム頼みますぞ。

コーチスナイダーに敬礼。

0702
さて、各チームが色々と動いた日ではありましたがそれはジャズも同じでした。

2011年2月にネッツとのトレードでジャズへ移籍して来たフェイバース。
ルーキーイヤーの途中でのトレードとなりましたが着実に成長。
9シーズンもの間、ジャズでプレイを続けて来たフェイバースがついに退団となりました。


うーん、ヘイワードの時と意味合いは違いますがあの時のような虚無感に襲われております。
ジャズが一時期ドアマットチームに転落し、プレイオフチームとして成長するまでずっとジャズを支えてくれていました。
最後までジャズに残りたいと言ってくれていたフェイバース。
お金より自分を必要としてくれている事にいつも感謝していたフェイバース。

ただありがとうじゃ伝え切れない…ですな。

これがプロの厳しさであり、これがプロの世界だと言われても寂しいものは寂しいものです。
ジャズ公式ツイートでもフェイバースのツイートでもまだ何も書かれていませんが。
ファンとしていち早くフェイバースに感謝したかった次第であります。





長い間ありがとうフェイバース!!

新天地での活躍をジャズファンは誰よりも願っております。


そして遅れてしまいましたが、ヘイワードが抜けたジャズを再びCSFまで導いてくれた選手がもう一人。

ウルブスの生え抜きとして6年間プレイし、ジャズに辿り着いたルビオ。
シュートや健康面に難ありなど言われて来ましたが、明らかにジャズを強くしてくれた選手でした。
ルーキーだったミッチェルへのアドバイスはきっと今もこれからもミッチェルの糧となるはず。
更に何よりルビオ自身が本当に愛される選手でした。


今回のジャズの補強で早くにジャズ残留の可能性が無くなってしまったルビオ。
それでもきっとルビオはまたジャズでプレイしたいと思ってくれていたと考えたい。
驚くほどユタにフィットしていた選手でした。







こちらこそありがとうルビオ!!

サンズというジャパンゲームで縁のあるチームでの活躍を祈ります。


ふう。

新しいジャズの考察はまた今度にして今回の記事はひたすら2人に感謝したいと思います。

フェイバース、ルビオ、本当にありがとうございました!!

この2シーズンをジャズファンは忘れない。

少しだけ気持ちの整理の時間を下さい。


【追記更新】


えーと…
サラリーキャップの関係でネトがウェイブという悲しいニュースが飛び込んで来ました。


うーん、これは参ったなあ。

コンリー、エクサム、ミッチェル、ロイス、イングルス
ボヤン、デイビス、ニヤング、ブラッドリー、ゴベール


今の所、主力と呼べる選手はこの10名でしょうか。

サマーリーグで新しい戦力に期待するしか無いですかね…。

ありがとう、ネト!

コーチスナイダーの手腕に期待するのみ!

0701
NBA色々起きすぎております。

ジャズが新シーズンと新体制に向けて答えを出した模様。


元ペイサーズのボヤン・ボグダノヴィッチと4年73milで契約へ。

エド・デイビスと2年10milで契約。

フェイバースはペリカンズと契約、ルビオはサンズと契約となったようです。

フェイバースはペリカンズとドラフト権でトレードという形を取ってくれたようですね。

うーん、実際起きてしまうと辛い…実に辛いなあ。

でも前向きに考えて行かなくてはならないですからね。

ボヤンのプレイスタイルに関しては特に注目して見たことが無いのですが評判は良さそう。

ミッチェルの控えはロイスで補って行くんでしょうかね。

コンリー&フェイバースのツーメンゲーム見たかったです…。


次回予告、ありがとうフェイバース、ありがとうルビオ。


多分…。

取り急ぎ、新シーズンへの答えを出したジャズの動きをお伝えしました。

ではまた!

usa_today_10909467.0
本日、2019NBA Awardsの発表がありました。

そこでゴベールが見事にDefensive Player of the Yearを獲得!!

2年連続受賞の快挙となりました!


コンリーの笑顔が写り、ヤニスとシェイクハンド、コーチスナイダーとハグして壇上に上がるゴベール。

めちゃくちゃ良い光景だなあ…。

今シーズンのゴベールは1試合平均Reb12.9、Blk2.3、Ast2.0、FG66.9%、15.9Pts。
ターンオーバーを減らしほぼ全てのスタッツを上げて来ました。

数字に出ていないペイントでの圧力も素晴らしかったですね。

来シーズンもジャズの、そしてリーグ代表の番人として活躍して欲しいと思います!


そしてそしてコンリーも素晴らしい賞を受賞!!

$ (1)

$

Sportsmanship Award、 Teammate of the Yearのダブル受賞!

いやあ、スポーツマンシップとチームメイトを思いやる賞を同時に獲ってしまうとは。
これは人間的にも本当に素晴らしい選手がジャズに来てくれましたね!

来シーズンのジャズが楽しみで仕方がない!!


そして主要な各賞はこちら。


MVP
ヤニス・アデトクンボ(バックス)

MIP
パスカル・シアカム (ラプターズ)

ROY
ルカ・ドンチッチ (マブス)

6th Man
ルー・ウイリアムズ (クリッパーズ)

COY
マイク・ブーデンホルザー (バックス)



おめでとうございます!!


さて気になるジャズの戦力補強の続きですが果たしてどうなる事やら。

フェイバースを残したままではほぼ身動きが取れない状況ですから、一体どう出るのか。

SGの控えを獲ってシーズンスタートし、上手く行かないようならデッドライン付近でフェイバースを動かすのもアリかなぁとか考えていましたがさすがに消極的ですよね…。

フェイバースはミッチェルの次に大好きな選手ですが、ジャズを出る事になる覚悟はしております。

大きく変えるなら強引に動くのも必要でしょうしね。

今後のジャズの動き、そしてサマーリーグに注目です!



ゴベール本当におめでとうございました!


ではでは!

↑このページのトップヘ

プライバシーポリシー